テニスショップ庭球工房

[ボール] [ホームストリンガー] [ラケット] [ストリング] [シューズ] [ウェア] [グッズ] [インフォメーション]


テニスラケットの選び方・基本編

グリップ・サイズの決め方

日本に流通しているラケットでメーカーが用意しているグリップサイズは主に1・2・3になります。一般的に女性は1・2。男性は2・3を選ぶことになります。 女性は2グリップを握ってみて「太い」と感じられたり、「握りにくいかな?」と感じたら1グリップにしてみてください。男性は3を握ってみて上記のように感じられたら、2グリップにしておくと良いでしょう。

なぜ細めのグリップを選ぶのか?

店頭に展示されているラケットを手に持つと、太いグリップの方が持ちやすく感じる人は多いようです。しかし、実際に使用するときの状況ではありません。人間はボールが当たるインパクトの瞬間、グリップを握り(力を入れる)、そして握りをゆるめる(力を抜く)動作を無意識のうちに繰り返しています。グリップが太すぎる場合、長時間の使用では細いグリップに比べより握力の低下を招くので腕の筋肉が疲れやすくなるというデメリットもあるのです。太く大きいものを強く握るより適度に細いものの方が握りやすく力を入れやすいと感じたことはないでしょうか?

そしてラケットはその構造上、グリップを細く加工するのが困難な場合が多く、太くするのは比較的容易であります。

太くて使いづらいよりは多少細い方が使えることもあるので、グリップサイズに迷ったら細い方を選んでおくのもよい選択かもしれません。

フェイス面積の決め方

大きいフェイス(110インチ程度)のメリット

多少真ん中を外しても、スウィートエリアが広く、ミスショットを減らしてくれます。小さいフェイスサイズに比べ反発力が高くボールの飛びが良いです。それに加えスピンのかかり具合も多少良くなります。初心者や入門者、または相手のボールの勢いに押されることが多いパワー不足に悩むプレイヤー向け。

デメリット

小さいフェイスサイズに比べ、打球感やコントロールが多少低くなります。これはハードヒットしたときにより感じられます。

小さいフェイス(95インチ程度)のメリット

大きいフェイスサイズに比べ張るストリングの長さが短く済みます。これは冗談のようですが、このことがメリットになります。つまり、インパクト時のストリングの遊び(伸び)が大きいフェイスサイズのラケットに比べ、遊び(伸び)が少ない分、より感触はダイレクトになり、コントロールも良くなります。上級者などが小さいフェイスサイズにこだわるのはここら辺になるのかもしれませんね。

デメリット

大きいフェイスサイズのラケットに比べ反発力が低く、スピンのかかり具合が多少低くなります。スウィートエリアが狭いので、上記で示したメリットもスウィートエリアでボールを打たないと発揮されないので、常に真ん中(スウィートスポット)で打てる上級者向けであるともいえます。

フレーム長の決め方

いま発売される新製品のほとんどが長ラケです。従来の長さ(27インチ)にこだわってラケットを選ぶと選択肢が少なくなる状況です。これからテニスを始める人は、27.5インチを標準の長さと考えラケット選びをすべきです。従来の長さでプレイしてきた人も、プロモデルでさえ長ラケに移行しているのでそろそろ慣れておくのもいいかともしれません。