テニスショップ庭球工房

[ボール] [ホームストリンガー] [ラケット] [ストリング] [シューズ] [ウェア] [グッズ] [インフォメーション]


テニスラケットの選び方・こだわり編

グリップサイズの決め方

どのグリップサイズも微妙に合わず、どれくらいのサイズか決めかねた場合は、グリップを握ってみて「太いかな」と感じるグリップ・サイズより1つ小さいサイズにしたほうがよいかもしれません。グリップがより太い方が手の中でグリップがズレるのを防ぐ効果が高いので面のブレを抑えられると思われるかもしれませんが、人間はインパクトの瞬間、グリップを握り(力を入れる)、そして握りをゆるめる(力を抜く)動作を無意識のうちに繰り返しているので、グリップが太すぎる場合、長時間の使用では細いグリップに比べより握力の低下を招くので腕の筋肉が疲れやすくなるというデメリットもあるのです。太く大きいものを握るより適度に細いものの方が握りやすく力を入れやすいと感じたことはないでしょうか?

フェイス面積の決め方

無理に小さいフェイスサイズのラケットでプレーしていませんか?

たしかに小さいフェイスサイズのラケットは、ボールを打った感触が手に伝わる感じがし、コントロールもよく、速いスウィングスピードのプレイヤーにとっては振り抜きもよいとメリット(基本編参照)もあります。しかし、それは常に自分のベストヒッティングポイントで打てている場合のみです。相手に攻撃されたとき、相手のボールスピードが速いとき、ネットへ出てボレーするとき、スウィートエリアでボールをとらえることができず、相手のチャンスボールや力のない返球でしのいだ経験はありませんか? むしろ上級者は常にスウィートエリアで打つことができるので上記のような経験をより感じられるでしょう。いま使っているフェイスサイズよりももう一回り大きいサイズを試してみてはいかがでしょうか。きっとミスが減ることでしょう。