テニスショップ庭球工房

[ボール] [ホームストリンガー] [ラケット] [ストリング] [シューズ] [ウェア] [グッズ] [インフォメーション]


テニスラケットの豆知識

ラケットの長さ(レングス)

従来のラケットの長さはどれもが27インチ(約68.5cm)でした。それよりも0.5インチから1インチ(約2.5cm)長いラケットのことをロングボディ・ラケット、長ラケなどと呼びます。遠いボールを打ちやすい、高い打点でサーブを打ちやすくなる、などのメリットがあります。

反面、従来の長さである27インチに慣れたプレイヤーは長いことによるボレー時などの操作性の低下などを挙げるプレイヤーがいます。これからテニスを始めるプレイヤーはむしろ、長ラケを最初から長ラケを選択した方がいいかもしれません。現在発売されているラケットの 2/3 以上が長ラケなのですから。

写真:左から従来の27/27.5/28インチ