テニスショップ庭球工房

[ボール] [ホームストリンガー] [ラケット] [ストリング] [シューズ] [ウェア] [グッズ] [インフォメーション]


テニスラケットの豆知識

ラケットの厚さ(ワイドボディ・ラケット)

ラケット側面を見たときの厚さにより区別します。正確な基準値はないのですが、 20 mm よりも薄いラケットが薄ラケ。最大厚が 30 mm を越えるラケットを厚ラケ。その中間に位置する 25 mm 前後のラケットを中厚と区別できるでしょう。 ラケットの厚さはボールの飛びや打球感、性能に大きな影響を与えます。

写真:現在発売されているラケットでもっとも厚い部類に入るラケット(左)ともっとも薄い部類に入るラケット(右)

厚ラケ

ラケットは打球時にたわみます 。側面の厚さを厚くすると強度が増し、ラケットのたわみが少なくなります。つまりエネルギー・ロスが少なくなりより反発力が増します。より少ない力でボールを飛ばせるというメリットがありますので、スウィングがコンパクト、もしくは非力なプレイヤーに向きます。逆に力のある人やラケットを振り回す人が使うと、飛びすぎはもちろん、強い衝撃が手に伝わり不快に感じることもあるでしょう。

薄ラケ

これは従来の厚さのラケットのことです。いまでは発売されるのもごく少数なので、薄ラケとして区別します。厚ラケに比べラケットのたわみが大きくなります。反発力は低くなりますが、ハードヒッターや力のあるプレイヤー、コントロール重視のプレイヤーにとってはより手のひら感覚で打てる(コントロール性がいい)のでいまでも好まれるようです。

中厚

厚ラケでは飛びすぎる、薄ラケ(従来タイプ)ではパワーが足りない、との要望から出てきたのがこの中厚です。薄ラケと厚ラケの良いとこ取りで特徴ないように思われるかもしれませんが、いまではすっかりスタンダードな厚さです。さらにその中から、バランス・重量・フェイスサイズなどのバリエーションがありますので一番選択肢が豊富で、初心者の方には選びやすい厚さではないでしょうか。