テニスショップ庭球工房

[ボール] [ホームストリンガー] [ラケット] [ストリング] [シューズ] [ウェア] [グッズ] [インフォメーション]


テニスラケットの豆知識

ラケットの重量

ラケットの重量は1本1本違います。さまざまな重さがあり、それらを大まかに区分けして表記してあります。

表記 意味 重さ
L (Light) 335g〜
SL (Super Light) 315g〜334g
USL (Ultra Super Light) 295g〜314g
UXL (Ultra eXtra Light) 〜294g

 

上記の表のようにそれぞれの区分には何グラム〜何グラムという値があります(注:各メーカーによって値は異なり、おおよその目安として)。
昔は1種類のラケットで重さのばらつきがあり、こうした区分け表示は数多く見られましたが、現在、重さとバランスがラケットの特性を決める大事な要素となっており、重さの区分表記をしないラケットも一般的になりつつあります。カタログなどのラケット重量表示も平均値を表示したり、250 〜 265g などと表示されている場合があります。前述したように重さとバランスがそのラケットの特性を表すためばらつきは少なく、また製造技術の向上により、重量のばらつきも昔の重さ表記でいう一区分に収まっているラケットがほとんどだからです。

重量を確認するには?

一般的にはフレームの側面に [SL 3]等のシールが貼ってあります(最初の英記は重さ。後ろの数字はグリップサイズ)。区分け表記のないラケットはグリップサイズのみを表す [3] や、グリップを意味するG を付けた[G3] と表記してあるラケットもあります。

重量のあるラケットとは...

ラケットの重さは性能の一部です。上級者・プロ モデルと呼ばれるラケットは比較的重さのあるモデルが数多いのも事実です。。上級者モデルは飛びを抑えたラケットが多く、また相手の速いボールに打ち負けないためにもラケット自体の重量が必要と考えられるからです。一般的な重量のある上級者向けのラケットを使用するならば、操作可能な限り重い方が良いといえます。

逆に初心者や力のないプレイヤーを対象としたモデルは比較的重量が軽くて扱いやすく、素材や形状、バランスなどでボールにパワーを与える工夫を凝らしたモデルが多いといえるでしょう。

参考ラケットのバランス