テニスショップ庭球工房

[ボール] [ホームストリンガー] [ラケット] [ストリング] [シューズ] [ウェア] [グッズ] [インフォメーション]


ストリングの選び方

スピンをもっとかかりやすくしたい

基本的にはスピンをかけるには正しいスウィング軌道が必要であり、よく弾むスピン、よく滑るスライスを打つにはラケットを振り抜くパワーも必要です。 まずスピンがかかることに重点を置けば、スピン系のストリングを試してみてはいかがでしょうか。縦糸(メイン)と横糸(クロス)に異なる種類の糸を使用したものや、表面をデコボコにしてボールの食い付きをよくするタイプのストリングです。

しかし、上記タイプのストリングはスピンをかけることに重点を置いたために、スピードが鈍くなる傾向があるみたいです。非力なプレイヤーが使用すると、ただスピンがかかるだけの威力のないボールになってしまう危険もあります。

パワーに自信がなければ、スピンタイプのストリングではなく、ゲージを細くしてテンションを落とすことによってスピンがかかりやすくなるでしょう。しかし、細いストリングでスピンをかける分、切れやすくなる傾向があります。

(写真 メインに不均一なストリングを使用し、クロスに均一なモノ・タイプを使用した GOSEN OG-SPIN)