テニスショップ庭球工房

[ボール] [ホームストリンガー] [ラケット] [ストリング] [シューズ] [ウェア] [グッズ] [インフォメーション]

ストリングの豆知識

ストリングの素材

ナチュラル

天然素材で作られたストリングをナチュラルといいます。現在では主に牛の腸繊維を加工して作られています。打球感・スピン性能・ボールスピード、耐久性以外のどの性能をとっても最高のストリングといえます。ナイロン(シンセティック)ストリングスのどれもがこのナチュラルの性能に近づけるために研究・開発されているといっても過言ではないかもしれません。価格がシンセティック・ストリングに比べ高価ですが、一度は試すと病みつきになるかもしれません。
(写真 バボラ VS POWER)

シンセティック

化学繊維で作られたストリングをシンセティックと呼びます。そのほとんどがナイロンでできているので、ナイロンストリングとも呼べます。ここ最近はポリエステルやアラミド、ケブラーなどの化学繊維で作られたストリングも増えています。加工しやすくて大量生産できるので、ナチュラルより安価です。種類も豊富なので、プレイヤーのスタイルにあったストリングを選んでください。

ポリエステル

Photoシンセティックストリングなのですが、ここ数年ストリング素材に使用されるようになったのがポリエステルです。打球感は硬質で飛びもナイロン素材に比べると低くなりますが、その耐久性は特質ものです。余分な遊び(伸び)がない分コントロール性能が高く感じられます。しかし、その特徴を発揮するにはそれなりのスイング・スピードが必要で、ハードヒッターで頻繁にストリングが切れるプレイヤーは1度試してみるのもいいでしょう。